キャッシング

キャッシングの審査では決まった確認事項があります

キャッシングを申し込む際には、本人確認が行われることは当然です。身分証明書として指定されたものを提出しなければ、審査に必要な個人信用情報機関への照会が出来ないことになっています。キャッシング申し込み手続きは、インターネット経由で24時間可能となっており、空いた時間に手続きをしておけば随時金融業者の営業時間内に折り返し連絡が入ります。

悪戯申し込みを避けるために、キャッシングを本当に申し込む意思確認と同時に本人確認も行われます。インターネット経由で入力した個人情報に基づき、必要な本人確認書類をデータまたはFAXにて送信するように言われるでしょう。合わせて勤務先へ在籍確認が行われますが、基本的に安定した収入があることを確認するための電話連絡ですから、明らかに電話口の担当者が在籍していないと言わない限りは、本人が直接電話口に出る必要はありません。席を外しているといった案内であっても問題ないわけです。

仕事上、在籍確認電話に対応出来ないと最初から分かっている場合には、申込内容の確認電話が行われる段階で書面による在籍確認に切り替えてもらえないか相談すると良いでしょう。全ての金融業者ではありませんが、社会保険に加入していて健康保険証に会社名が入っていれば、健康保険証を提示することで在籍確認を認めてくれる金融業者があります。キャッシング審査で否決される前に、相談しながら審査を進めてもらえるように依頼しておくと良いでしょう。